森のミュージアムの最新情報<研究ノート>を分離


by morristokenji

新『資本論』ゼミナール①

 冒頭「商品論」について
『資本論』第1巻第1章の冒頭「商品」については、その2要因である使用価値と価値について、とくに価値について労働価値説の論証が問題になってきました。マルクスは近代社会の異本主義経済の富について、その細胞ともいうべき「原基形態」を商品としました。商品経済的富の分析から出発しました。

[PR]
by morristokenji | 2017-08-03 19:35