森のミュージアムの最新情報<研究ノート>を分離


by morristokenji

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

近代産業の歴史的地位

 モリスは第20章「近代産業の歴史的展開に関するマルクスの解明」で、資本の蓄積過程を産業資本の組織として総括しつつ、その歴史的展開の本源にメスを入れている。『資本論』の科学的社会主義に基づく、いわばモリス特有の歴史観ともなっている。特に資本主義の「本源的蓄積」についての理解が、エンゲルス流の唯物史観との決定的な差異となっている点、あらかじめ注意したい。
 モリスはまず、「資本主義は、多数の個人的な貨幣所有者が、同じ条件で沢山の労働者を一斉に雇用するようなかたちで始まることは出来ない。」と述べ、『資本論』を引用する。「一人の資本家の指揮の下に、同じ種類の商品を生産するために、同一の場所(望むらくは同一の労働現場)で、同時に一緒に働く労働者の存在が、歴史的にも論理的にも、資本家的生産の出発点を構成する。」
 資本の価値増殖から言っても、一人の資本家が一人の労働者を雇用するのでは、資本家的生産は成立しない。価値増殖からも、一人の資本家の下に複数の、そして多数の労働者の雇用が前提されるのであり、その点が中世のギルド組織との根本的違いなのだ。「この新たな組織形態への変化が、同時に生産のレベルや方法に大きな変化をもたらした。建物、道具、倉庫など、生産手段に格段の費用がかかった。ひとつの屋根の下に労働者が集中する結果は、職人達の性格から、親方が独立する発展でもあった。」
 もともと「ギルド職人の時代の親方は、彼自身より優れた職人であり、仲間より長い経験を持つことで、親方の地位が与えられたに過ぎない。彼は、種類において同じ仲間であり、たんに地位だけの違いに過ぎなかった。例えば、彼が病気になると、工房の組織の中で、何の抵抗もなしに、次の優れた働き手が親方の地位に付いた。」ところが「資本主義の最初の段階でも、親方は労働者としての重要性ではなく(始めは労働者として働いていたとしても)、総て重要性は仕事を統治することだった」
 このようにモリスは、中世のギルドの親方と職人の組織との対比で、資本家と労働者の関係を説明している。労使関係を、たんに労働市場や階級的搾取の関係だけでなく、むしろ産業資本の組織と統合の特殊性から捉えているのだ。そのような産業資本の組織として、「単純な協業」「分業とマニュファクチュア」「機械制大工業」を位置づけ、従って「これらのシステムは、特に他のものと互いに重なっていたことも理解されている」とモリスは解説している。
 モリスは、ここで『資本論』によりながらではあるが、機械制大工業の大量生産の契機として「分業」や「協業」を位置づけ、産業組織の特徴を、中世のギルドと対比している。そして、労働力商品の特殊性を前提にしつつ、「ここから人間の完全な相互関連が、労働者の機械の一部になることによって、労働者の誰もが彼自身では何も作れなくなる。労働の単位が、もはやグループではなく、個人のものになる。」
 さらに分業も協業も、「最終的な発展は機械への転換、分業の完全な工場制度と作業システムの転換に他ならない。新しいシステムでは、労働者のグループは、そのメンバーが手作り技能の特殊な部分を担っていたのに、今や生産された製品のある特殊な部分に帰着されてしまう。そして、これら総て全体が、結合した巧妙な操作の結果隣、労働者の働きとしても、グループとなった機械の働きのアソシエーションに帰着するのだ。労働者は、もはや仕事における主要なファクターではない。彼が使っていた道具が、全体を機械化している動力により、他の機械体系と結合した機械体系として作動しているのだ。」
 「これこそモダンタイムズの現実の機械なのだ」モリスは、道具と機械、工房と工場の差異にもふれ、さらにマルクスとともに、「機械の組織化されたシステムは、その作動が中軸となるオートメーションから伝達されるメカニズムにより交流するが、機械制生産こそ最も発展した形態である。ここでは、孤立した機械に代わり、その身体が全体の工場に満ち溢れる機械の怪物になる。その怪力は、最初はゆっくりしたベールに包まれていて、巨大な足の動きも計測できるが、最後はその計り知れぬ機能器官の急速で猛烈な回転に突進するのだ。」
 最後にモリスは、もう一度ギルドの職人と工場労働者を対比し、次のように結論する。
 「かって労働者は、自分で作った製品を総てコントロールする手作り職人だった。それが、つぎには人間機械の一部になり、最後には機械の召使や番人になってしまう。これら総てにより、十分に発展した近代の資本家が存在するのだ。」
  
[PR]
by morristokenji | 2008-10-08 16:01

可変資本と不変資本

 貨幣の資本への転化により、貨幣は投資の形態をとる。労働力商品を前提にした生産への投資であり、いわゆる産業資本となって投資される。この際、投資は一方では労働力商品の購入に当てられ、他方では生産手段に投資される。すでに明らかなとうり、モリスも『資本論』から労働力の商品化、そして労働力商品の特殊性を十分理解していた。この限りで、モリスは『資本論』の基本的概念を理解し、それを継承したのだ。
 こうした理解が前提になり、労働力商品(L)の購入としての投資を、モリスは『資本論』と同様「可変資本」とした。そして、生産手段(Pm)への投資は、「不変資本」としている。それゆえ産業資本としての投資は、可変資本と不変資本の2つに区別されることになり、モリスは第19章の表題を「不変資本と可変資本」として、解説を続ける。ただ、共著『社会主義』では、なぜかこの部分が省略されている。おそらく簡略化のためだろうが、理論的には「資本と収入」の関連で、マルクスは可変資本の概念を重要視している。少し立ち入っておこう。
 「労働者は、すでにみた通り、彼がそれに働きかける原料に価値を付け加える。だがそれは、彼が古い価値を維持しつつ、新たな価値を付け加える行動によってである。だから彼は、一方において新しい価値を付け加えるし、他方において彼は存在する価値を維持する。彼は賃金で働くことにより、紡績、織布、鍛冶など、働くことにより影響を与え、すでにある以上のより大きな有用性を付与するのだ。」
 つまり、ここでもモリスは『資本論』によりつつ、一方で労働力による可変資本の価値の形成と増殖、つまり付加価値の生産を説明する。他方で、不変資本である生産手段については、既存の価値の移転を説明している。この点では、付加価値の生産、既存価値の移転の解説であり、いわゆる近代経済学でも、ほぼ同一の説明内容だと思われる。しかし、労働力商品に投下された可変資本については、労働者に労働力の対価として、可変資本が賃金として支払われてしまう。つまり、ここで労働者への価値の引渡しが行われる。
 資本の側は労働力を手に入れるが、ここでもその特殊性が制約要因となる。つまり、労働力は人間の能力であり、奴隷のように物として転売したり、処分するわけにはいかない。労働過程で生産に従事してもらう以外にない。労働・生産過程での資本の労働者の支配と管理の必然性だ。この点にこそ、単なる物に過ぎない生産手段と人間の能力としての労働力との決定的な違いがあるのだ。だから可変資本は、賃金として支払われ、労働者に価値が引き渡され、その代わりに労働過程を通して、価値が形成され増殖される。つまり、付加価値を生産し形成するのだ。『資本論』では、「価値生産物」の生産に他ならない。
 モリスは、すでに見た通り人間の能力である労働力商品の特殊性を強調していた。しかし、可変資本の価値と所得としての賃金の関係については、特に立ち入ってはいない。可変資本と不変資本の差異の説明だけにとどまっている。『資本論』の説明も、必ずしも十分ではないが、労働力商品の特殊性が基礎になって、労働力商品への投資が、資本の立場では可変資本での「価値生産物」=付加価値の生産、労働者の立場では賃金収入になる。「資本と収入」の区別と関連である。
 このように可変資本の概念が、「資本と収入」の区別、特に賃金を利潤、地代、利子などと同じレベルの分配範疇から区別される点で、そして資本家と労働者の階級関係の理解の根底に置かれることになっている。そして、「価値生産物」の分割比率として、「剰余価値率」が提起されるのだ。剰余価値率は、付加価値の「分配率」に近い概念だが、「資本と収入」の区別と関連が両者の違いとなる。モリスは、『資本論』の可変資本と不変資本の明確な区別を継承し、その上で剰余価値率を前提に、絶対的ならびに相対的剰余価値の生産を、ごく簡単ながら説明している。
 「マルクスは剰余価値率、つまり剰余価値の形成による比率の詳細で膨大な分析に入る。また彼は、労働日の持続についての重要な主題を扱っている」と述べるだけで、詳細な説明は省略している。その上で「マルクスは絶対的および相対的剰余価値を区別いている。絶対的というのは、労働者の必要な生活資料の生産(必要労働)を超える労働日の生産物のことであり、‐‐‐他方、相対的剰余価値は、新しい技術や機械、向上する技能、労働の組織や統合が、それらにより労働者の生存に必要な生産物のために必要な時間(必要労働時間)を一定の範囲で短縮することによる労働の生産性向上で決定される。」
 このようにモリスは、『資本論』に従い、絶対的剰余価値と相対的剰余価値の生産の区別の上で、資本の剰余価値の生産を説明している。そして、資本の労働者支配については、「一旦は労働者の手に彼の労働の成果がもたらされかも知れないが、‐‐‐資本家にとって必要な手段は、利潤の生産のための単なる手段だと言うこと、それが労働者自身が生きている条件になるのである。道具、機械、工場、流通手段など、総てが生きている機械としての人間労働力を働かせるための媒介手段でしかないのだ。」
 このようにモリスは、『資本論』の剰余価値論を解説しつつ、資本による労働者の支配と組織を明らかにしている。
[PR]
by morristokenji | 2008-10-05 22:36

剰余価値の生産

 モリスは、資本の価値増殖=剰余価値の生産を明らかにするため、資本主義的生産方法に入る。第18章のタイトルは「剰余価値の生産、すなわち地代、利子、利潤」である。剰余価値の分配の形態が地代、利子、利潤であるから、その根拠を「剰余価値の生産」として明らかにしようとしたのだ。そして、まず前章の「貨幣の資本への転化」を受けながら、リカードもいう「貨幣の形態では、資本は利潤を生まない」、貨幣はたんに保有・蓄蔵されるだけだからだが、その上で『資本論』の次の箇所を引用する。
 「商品の消費から価値を引き出すには、わが金持ちは市場の中で、つまり流通面の中で、発見しなければならない。その使用価値が価値の源泉となる特殊性を持つ商品、それゆえその現実の消費が、それ自身労働の体化であり、結果として価値の創造である商品を発見する幸運に恵まれねばならない。貨幣の所有者は、市場でそのような特殊な商品、労働のための能力、あるいは労働力商品を発見するのだ。」
 労働力商品の特殊性に他ならない。このマルクスの指摘は、たんに労働力の使用価値、つまり労働が価値を形成する点だけを述べているかに見えるが、そうではない。労働力が商品化され、「商品による商品の生産」なるがゆえに、そして独立した価値の運動体である資本M-C-Mの運動の内部に包摂され、その労働が商品を生産し、価値を生産しつつ増殖することが、ここでは含蓄されている。しかも労働力は、単なる物ではない。人間の能力である。モリスは、こう述べて労働力商品の特殊性を強調する。
 「労働力あるいは労働のための能力によって、マルクスは人間存在の精神的・肉体的な能力のすべてと理解している。それは、商品生産においての行動によりもたらされるものであり、簡単に言えば富を生産するマシンとして彼に備わっている総てであり、人間なのだ」と。
 モリスは労働力の商品化の特殊性を、人間存在と関わらしめ、労働の疎外を前提とした「人間疎外」として把握する視点を鋭く提起している。そうした労働力商品化のための歴史的前提として、さらにモリスは「二重の意味で自由な労働力」、つまり①身分的な自由と、②生産手段からの自由について述べ、さらに生産と消費の社会的分離にも触れている。
 その上で、労働力の再生産に必要な労働による労働力商品の価値規定、つまり労働者が生活のために資本から買い戻す生活資料の量による価値規定をあたえる。しかし、この価値規定も、労働市場においての労使の取引関係を通じて決定される。しかし、生産手段を所有し、労働者を支配下に置いた資本は、「労働者の労働力の使用を1日中買っている。労働者は、その日労働を続ければ、労働力の再生産に必要なものを確保するのに十分であり、生きていくことが出来る。しかし、人間としての機械は、総ての点で必要とされる以上のものを、その日に生産可能なのだ」と。
 つまり、必要労働を超える剰余労働の存在可能性であり、ここから剰余労働に基づく剰余価値が必然化する。「労働力を商品として買うものは、どんな商品の購入者もそうしているように、彼自身の利益になるようにそれを消費するのだ。」だからモリスは結論する。「この産業では、労働市場での労働力の購入と、その再生産に必要なものを超えて実現されるあらゆる成果で、資本家も生きているし、同じように労働者も商品を生産しているのだ。」
 共著『社会主義』の叙述もまた、この部分はほとんど変わっていない。いずれにせよモリスは、労働力商品の特殊性について、労働力が人間の生きた能力であり、それが商品として疎外された点から、剰余価値の生産を説いているのだ。この説明も、むろん『資本論』の叙述に基づいているのであるが、労働力商品の特殊性が労働疎外、さらに人間疎外に結び付けられている点が特徴的だろう。
[PR]
by morristokenji | 2008-10-03 14:35