森のミュージアムの最新情報<研究ノート>を分離


by morristokenji

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 『資本論』と社会主義について、宇野は「スターリン論文」を厳しく批判し、さらにレーニン『帝国主義論』の意義を論じていました。当時のソ連共産党第一書記のフルシチョフが、1956年党大会で有名なスターリン批判を行いましたが、それは政治路線に関わる批判であり、個人崇拝の批判でした。当時、宇野はフルシチョフのスターリン批判、とくに個人崇拝批判を歓迎していたように記憶しますが、それに先立つ53年には宇野の「スターリン論文」批判が公刊されていました。このスターリン批判は、すでに紹介のとおり「経済学教科書」草案に対する批判であり、とくに『資本論』の価値法則のスターリンの理解、つまりエンゲルスの唯物弁証法を継承し、唯物史観のドグマに対する方法論的批判でした。それはまた事実上、ソ連型・国家社会主義への批判でもあり、マルクス・エンゲルス、さらにレーニンにおよぶマルクス・レーニン主義の教条に対する批判として、戦前の堺・山川の労農派の立場を継承した位置づけも可能でしょう。
 ただ、それにもかかわらず55年の「帝国主義論の方法について」では、一方で『資本論』にもとづく「原理論」、そして「段階論」としての『経済政策論』の方法については、レーニンの『帝国主義論』の方法、さらに帝国主義の「例証」の選択に関してもレーニンを厳しく批判しました。この批判は、エンゲルス、そしてスターリンへの批判に帰一するレーニン批判であり、その点ではスターリン批判に関連して提起されていたソ連型・国家社会主義への批判に通ずる面があった。宇野の三段階論、とくに純粋資本主義の抽象にもとづく『資本論』と社会主義の方法論的位置づけからすれば、当然ともいえるレーニン批判であり、ソ連型社会主義への批判的見地の大胆な提起だったと思います。しかし、同時に他方では、レーニン『帝国主義論』については、繰り返し積極的評価をあたえ、とくに帝国主義に関しての例証の選択については、自らの段階論としての『経済政策論』に資する面が大きかったのでしょう、段階規定としての前向きな評価を惜しまなかった。
 こうした宇野によるレーニン評価の二面性は、無論レーニンの帝国主義論についての学術的価値に対する評価を含むものです。それは無視されてはならないのあり、ヒルファディングやホブソン等の業績と共に、学術的に高く評価されるべきでしょう。さらにまた、こうしたレーニン評価がベースとなっていたと思います、それまで慎重にも慎重を重ね、見極めようとしていたソ連型・国家社会主義にたいしても、すでに紹介しましたが71年の『経済政策論』改定にさいし、1)ロシア革命以後の資本主義の発展も、帝国主義に続く新たな段階を画するような発展は見られない、2)ソ連を中心とする社会主義の建設を阻止できるような発展がみられない、したがって3)「第一次大戦後の資本主義の発展は、---社会主義に対立する資本主義として、いいかえれば世界経済論としての現状分析の対象をなすものとしなければならない」と述たのです。これはレーニン『帝国主義論』の資本主義の最高の、そして最後の段階規定を積極的に認めることだし、さらに唯物史観の方法を容認してマルクス・レーニン主義に対するイデオロギー的拝跪にならざるをえないのではないか?また、上記1)だけで、第一次大戦後の資本主義を現状分析として、世界経済論とする三段階論の方法は堅持できます。
 いずれにせよ、宇野もまた「時代の子」であった、と思わざるを得ません。しかし、ソ連型国家社会主義は、チェルノブイリ原発事故に続いて完全に崩壊した。ロシア革命の歴史的意義も喪失して、マルクス・レーニン主義のドグマも破綻した。初期マルクス・エンゲルス、そしてレーニンに継承されたイデオロギー的仮説に過ぎない唯物史観を前提とする歴史認識の破産に他ならない。ここでは立ち入りませんが、レーニンの『カール・マルクス』のマルクス主義の理解、『国家と革命』の国家論にもとづいた「プロレタリア独裁」など、初期マルクス・エンゲルス、そしてレーニン主義と称することのできる歴史認識に基づくものでしょう。この歴史認識は、『資本論』と社会主義について、宇野の三段階論の方法にもとづく知的営為が許容できるものではないと思います。イデオロギー的仮説に過ぎぬ唯物史観の前提の枠組みで展開されようとした『経済学批判』を方法的に廃棄して、マルクスは『資本論』を純粋資本主義の運動法則として解明した。それを宇野は「原理論」として純化して、『帝国主義論』を段階論として位置づけ、三段階論を構築した。ここから宇野の『資本論』と社会主義は、すでに紹介しましたが、純粋資本主義の抽象により、労働力商品の廃棄にもとづいて、人間と自然との物質代謝の経済原則を、主体的・意識的に実現するものとして展望しているのです。最後に、主体的・意識的に実現されるべき経済原則について、繰り返しまとめておきましょう。
 
 1) 人類の歴史的進化として、生産力の発展があります。人間が自然に働きかけ、生活に必要な物資を確保し、豊かな生活を実現する。より豊かな暮らしのために、生産性の向上にもとづく生産力の発展は必要不可欠でしょう。しかし、自然を一方的に破壊し、自然の再生を無視する生産力の発展が、経済原則として容認されるべきなのか?化石燃料の大量使用による大気汚染、安全神話による原子力の平和利用など、経済原則としての人間と自然の物質代謝のあり方の面から、エネルギーについては地域に賦存する「自然再生エネルギー」による自然との共存が問い直されるべきでしょう。その点では、唯物史観のドグマによる生産力の高度な発展にもとづく、近代科学技術至上主義の「生産力理論」が否定されるのが当然でしょう。
 2) 労働力の商品化を止揚し、雇用労働から相互扶助にもとづく協働労働が保障される。そのさい、人間にとって労働のあり方が主体的・意識的に問われなければならないのであって、近代工業化社会の機械制大工業に付属した労働力の止揚が重要です。そのさい、前近代的なギルドの労働組織など、職人・技能者の労働組織なども参考にする必要があります。機械による大量生産、つまり量的規模拡大の生産から、質的向上を重視した技能や技術による「手作り」の価値が再評価されるべきでしょう。
 3) その上で、労働力の再生産の場としての家庭・家族の生活の単位が保障される。そのさい家庭の成員の相互協力と共に、労働力の再生産として必要な必要労働が確保されなければならない。生存権の保障です。その必要労働の確保が前提になり、社会的物質代謝に必要な生活資料(消費手段)とともに、そのための生産財(生産手段)への資源と労働の適正配分が確保される。ここでも家庭・家族を基礎に、生産と消費の経済循環が円滑に進むような、いわゆる「循環型社会」の実現が望ましいし、地産地消の原則が必要です。
 4)人間と自然の睦み会いによる物質代謝の実現のために、前近代的共同体組織を参考にしながら、新しい開かれた共同体の組織が構築されなけれなならない。新たな共同体の組織は、自立した個人の主体的意識性が尊重されますが、同時にまた共同体の成員相互間の信頼、倫理、道徳の価値が必要であり、それによって共同体も維持存続される。協働による参加と相互扶助が自由や民主主義の価値観に代わり、新しい「社会的正義」として共同体=コミューンの価値観となる。
 5)その点では近代国民国家は必要なくなり、その意味で「死滅」する。新たな社会組織は、家庭・家族を基礎に「氏族」などコミューンによる組織化、さらにコミューン連合としての「部族」「民族」が相互に自立して交流する、新しい世界的交流が始まる。今日のウクライナ問題、中東紛争、中国のウィグル族などを巡る民族の自主権の動きを見るにつけ、「氏族」「部族」「民族」の自主権を容認するコミュニタリアにズム(共同体主義)がポスト資本主義の体制変革には要請されているのではないか? 



[PR]
by morristokenji | 2014-05-11 12:59
 第八章「帝国主義論の方法について」は、レーニンの『帝国主義論』に対する、宇野弘蔵の論評です。第七章での「スターリン論文」に対する正面からの批判と対比すると、レーニンに対しては、一面で『帝国主義論』を高く評価し、その上での方法論的批判にとどまっているように感じます。スターリンとレーニンですが、かってソ連批判が行われた際、「反スタ」のスローガンで目立ちましたが、ソ連型社会主義の誤りは、ひたすらスターリンの政治指導の誤りによるもので、レーニンは免罪された。むしろ『帝国主義論』を始めレーニンが擁護され、それにより教条的なマルクス・レーニン主義が護教されながら、旧ソ連の崩壊を迎えてしまったと思います。しかし、すでにソ連が崩壊し、ロシア革命の歴史的意義が廃棄され、さらにV ・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所の事故の惨禍を知った今日、ひとりスターリンだけを断罪して、レーニンを免罪して救済することはできません。むしろ、レーニの批判的検討を深め、マルクス・レーニン主義のドグマが根源的に批判されなければならないし、そこにまた宇野理論の意義もあると思うのです。
 
 そこで第八章ですが、宇野は戦前の東北大学法文学部では「経済政策論」の講座担当で、「僕は<経済政策論>を講義している間に漸次にその区別(原理論と段階論の区別ー大内)を立てざるを得なくなったのでした。それと同時に僕の<経済原論>も特有なシステムを持つことになったのです。もちろんいずれも僕が自分で発明したわけでではありません。『資本論』や『帝国主義論』から学んだことを僕なりに理解しうるものにしてみただけのことです」と述べています。宇野は、一方で『資本論』に残る資本主義の生成、発展、没落の段階的な側面ーすでに述べたとおり唯物史観的残滓と言ってもいいーを、純粋資本主義の抽象の論理で純化し「原理論」とする。同時に他方、資本主義の世界史的発展段階を、唯物史観の枠組みに鋳込んだまま、歴史と論理の統一のドグマに陥る誤りを避けて、「段階論」として整理した。その意味で、『資本論』と『帝国主義論』の「二つの書物は、僕に経済学の核心を教えてくれたものといってもよいものになったのです」と述懐しています。
 そうした事情があっただけに、宇野は「スターリン論文」とは違った敬意を、『帝国主義論』には払っているのでしょう。にもかかわらず宇野は、自らの三段階論の方法的見地、つまり原理論と段階論を区別する方法的見地を揺るがしてはいません。初めに、明確なかたちで次のように述べます。「僕自身としては『資本論』から学んだ論理によって『資本論』に明らかにされた原理を展開すればこういう風にしか考えられないというのが、僕の『経済原論』です。」その上で宇野は、「ところがレニンの『帝国主義論』になると、内容の点では非常に教えられるところが多かったのに反して、方法の点ではどうしても従いえないものがあったのです。」つまり、帝国主義段階に現れる新たな政策内容はともかくとして、その方法論には承服しない点を強調しているのです。『資本論』の法則性の単なる延長上に帝国主義段階の特徴を位置づける。それにより唯物史観の歴史的=論理的方法とするレーニンのロジックに他なりません。そのロジックを宇野は厳しく批判するのです。
 宇野による『帝国主義論』批判は、ほぼ同じパターンでもって、帝国主義段階の主要な特徴を順次取り上げて、批判的に検討を進めます。最初は,「独占資本主義」とも呼ばれる「独占」現象です。ここでは先ず『資本論』の資本蓄積論を直線的に延長したレーニンの主張「資本主義の理論的および歴史的分析によって、自由競争が生産の集積をうみだし、そしてこの集積はその発展の一定段階では独占をもたらすことを論証した」という『帝国主義論』の有名な一節を引用します。こうした『資本論』の法則性をそのまま延長し、それにより歴史的=論理的に帝国主義の必然性を論ずる方法こそ,「独占資本」のドグマをもたらしただけではない。帝国主義段階の産業構造的な基礎が自由主義段階の軽工業ではなく、新たに発展した重化学工業にあること。単なる固定資本の量的拡大ではなく、重化学工業に特有なコンビナートと呼ばれるような技術的連携性、そして株式会社形式の全面利用による組織的独占、そしてカルテルなどの独占的市場の形成、こういった金融資本に特徴的な資本の集中・集積を解くことも出来なくなってしまいます。
 ところが宇野は、ヒルファディングの『金融資本論』との対比にすぎませんが、「レニンの帝国主義論の正しさは、僕の考えでは、多くの場合、『資本論』の規定から出発しながら、直ちにこういう<誤解>(あらゆる部門に独占が成立するというー大内)を片付けて、あるいはそういう<誤解>に陥ることなく、具体的規定に入っている点にあるのです」として、それがレーニンの明快さとしながらも、次のように批判します。「ただ一つ問題になるのは、レニンがその規定の出発点を『資本論』の原理的なるものから展開しているという、そのことが、具体的事実の分析による規定を与える場合にも、影響なしにはすまなかったのではないかという点です」と述べた上で、「帝国主義論のような段階論になると、具体的事実はもはや単なる例証であってはならないのです。それは当然にタイプの問題になるのです。」つまり、レーニンは「単なる例証」を挙げている点で正しいにすぎない。しかし原理論と段階論の混同という方法上の誤りと共に、さらに誤りは段階論の「タイプ化」として整理できなくなるだけではない。段階論では、そもそも「経済政策」ですから、資本の原始的蓄積と共に「国家論」が提起され、さらに金融資本として積極的に発展するドイツ、消極的な受け身に回るイギリスやフランスの金融資本の政策による国際的対立や対抗の係も明らかにできなくなってしまう方法的欠陥を挙げます。さらに、資本主義の世界史的発展を代表する産業構造や産業組織、労使関係や不均等発展による国家間の不均衡な対立、関税などの政策的対立が問題になりますが、そうした歴史的な対抗関係が解けなくなるでしょう。
 いずれにしても宇野は、レーニの挙げている例証は帝国主義論として正しいが、『資本論』の原理論との方法上は誤りであり、そのため例証の処理についても誤っている。何とも歯切れの悪い評価ですが、そうした歯切れの悪さが、次の「銀行とその新しい役割」さらに「金融資本と金融寡頭制」についても続きます。レーニンは、一方で産業資本の仲介者という「ひかえめな役割から生成転化して、資本家と小経営者との総体の貨幣資本のほとんどすべてと、---全能の独占者となる」と述べて、『資本論』の貨幣資本から金融資本への生成、その発展を説いている。しかし例証としては、宇野にとっては都合よくドイツの銀行を中心に挙げている。そうした例証の挙げ方が、宇野のレーニン評価につながるのですが、にもかかわらずこう述べます。「ところがレニンは、かえって一、二の個所でイギリスの銀行に関する数字をあげているために、イギリスでも大陸の銀行と同様の金融資本家が見られるものとする<誤解>を与えることになるのではないかとさえ考えられます。しかしここではレニンはそういう<誤解>を片付けてはいないのです。」これでは、上述のヒルファディングを批判した「誤解」を、レーニンもまた同じように与えてしまうわけで、例証の挙げ方でレーニンを評価しているのも疑問になってくる。むしろ宇野としては、ここでレーニに対しても、きっぱりと『資本論』をそのまま延長し、歴史的・論理的な唯物史観の方法的枠組みの誤りを犯し、その誤りが例証の挙げ方から選択まで、宇野の段階論とは異なる点を批判すべきではないか?
 第三の問題点として、「資本の輸出」、「資本家団体のあいだでの世界の分割」「列強のあいだでの世界の分割」を取り上げています。ここでも資本蓄積から資本過剰、そして資本の輸出、さらに資本家団体の「世界の分割」から帝国主義列強による「世界の分割」について、宇野も「レニンの叙述を読んでも直ぐ分かるように、そう簡単な関連があるとはいえないのです」と批判します。とくに帝国主義としての欧米先進国列強による「世界の分割」は、19世紀までの英仏を中心とした旧植民地支配に対する、アメリカ、ドイツ、日本などの「再分割」によるものであり、この「再分割」を巡っての熾烈な国際対立こそ、第一次大戦という帝国主義戦争を引き起こした。そうした「戦争の必然性」の基礎を解明するためには、『資本論』の資本蓄積や資本過剰から「資本の輸出」を説くロジックを超えた、資本主義の世界史的な発展段階を説く「段階論」が必要であり、そこにまた宇野の「原理論」に対する「段階論」の方法的見地の意義もあったのです。「レーニンは<資本輸出>に関しては、その根拠をなす<資本過剰>を、<独占>や<銀行の新しい役割>の場合とは逆に、最初から段階論的に説いています」として、ここでもレーニンを評価します。しかし、資本輸出と商品輸出との関連など、自由主義段階と帝国主義段階の歴史的転換についてはレーニンの説明が不明確であり、結論的には「レニンの場合は、どうも原理論のように概念的規定の内に具体的な関連が解明され、事実がその例証をなしているようにとれるのです」と例証の処理そのものを批判しています。
 要するにレーニンは、確かに帝国主義を「資本主義の特殊の段階として」、その「歴史的地位」を明らかにしようとしています。しかし、『帝国主義論』第七章で「総括」するに際しては、「帝国主義は、資本主義一般の基本的属性の発展と直接の継続として生じた。だが、資本主義は、その発展の一定の、極めて高度の段階で、すなわち資本主義の若干の基本的属性がその対立物に転化しはじめたときに、資本主義からより高度の社会=経済制度への過渡期特徴があらゆる方面にわたって形づくられ、あらわになったときに、はじめて資本主義的帝国主義となったのである。この過程で経済的に基本的なのは、資本主義的な自由競争から資本主義的な独占にとってかわられたことである」として『資本論』における「資本主義一般の基本的属性」の発展と継続として、唯物史観の枠組みの中で歴史的、かつ論理的に、そして弁証法的に独占資本と帝国主義を説く方法を強調しているのです。ただ、ここで帝国主義段階を「極めて高度の段階」としている点では、それを最後の段階の意味で、「最高の段階」とするか、それとも最近の「新たな段階」とするか、レーニンの原稿がスイスから送られて印刷に廻る段階で、反対派のメンシェビキの手で後者のような表現に改竄された事情もあったそうです。
 それはともかくとして、レーニンの帝国主義の段階的位置づけは、資本主義から社会主義への「社会=経済制度への体制的変革への過渡的特徴」であり、事実『帝国主義論』もまた1916年、つまりロシア革命の前夜に書かれた。それゆえに方法的には、唯物史観の枠組みを前提にして、『資本論』の資本主義一般の基本法則の「自由競争から資本主義的独占」を説く方法であることは疑いないところです。こうした資本主義発展の歴史認識のもとに、レーニンは翌17年の二月革命の勃発でペトログラードに戻って「四月テーゼ」を公表し、ブルジョア権力の臨時政府に対し、労兵ソヴィエトをプロレタリアート権力とし、十月革命によって国家権力の奪取に成功したのです。プロレタリア独裁によるロシア革命の成功であり、ソ連型国家社会主義の誕生です。また、こうしたコンテンツから見れば、レーニンの『帝国主義論』の段階規定は、エンゲルス以来の唯物史観のドグマを前提し、競争から独占を基礎にプロレタリア独裁のもとにソ連型国家社会主義を指導した、と言わざるを得ないでしょう。宇野の三段階論、そして原理論から段階論への方法とは、まったく異なった方法だった。事実、宇野は「根本は、原理論と段階論との方法上の違いにあるといってよいでしょう」と繰り返えし強調せざるを得なかったし、『帝国主義論』から多くの例証を学んだにしても、その方法的位置づけは、「無いものねだりに終わっている」と断ぜざるを得ません。
 では、なぜ宇野はレーニン『帝国主義論』の処理を、このような形で終わらせてしまったのか?それは、宇野が迷いに迷いながら、レーニンのロシア革命を容認したことにあると思います。宇野は、スターリン批判やハンガリー問題に関して、すでに引用したように、政治的レベルですが「ことに社会主義体制が確立していない間は、逆転の危険もある」と述べていました。旧ソ連の体制、ロシア革命についても、逆転と反革命の危惧を抱いていなかったわけではない。しかし、1972年に病に倒れ、病臥生活に入る直前の71年に到って、『経済政策論』の改訂版を発表し、そこで長くその帰趨を見極めようとしてきたレーニンのロシア革命について、こう述べます。「その後の資本主義の諸国の発展は顕著なるものを見せながら、それはこれらの社会主義諸国の建設を阻止しうるものではなかったようであり、しかもその発展に新たなる段階を画するものがあるとはいえないのである。」そして、「第一次大戦後の資本主義の発展は、ーーー社会主義に対立する資本主義として、いいかえれば世界経済論としての現状分析の対象をなすものとしなければならない」と最終的に判断したのです。
 この判断は、ついに宇野もまた、旧ソ連・東欧の体制が社会主義として、歴史の進歩を代表することを容認したこと、その上で資本主義の歴史的発展は、第一次大戦―ロシア革命までの帝国主義によって世界史をリードしたに過ぎない。したがってまた、レーニン『帝国主義論』のいう資本主義の最高の、そして最後の段階としての帝国主義の規定を受け入れ、資本主義の崩壊と没落をイデオロギー的に主張した唯物史観のイデオロギー的仮説を、そのまま容認することになったのか?宇野の三段階論、そして原理論と段階論を区別する方法的意義は、一体どうなるのか?こういった論点が、改めて提起されることになるでしょう。だが、宇野が他界したのが77年ですが、まことに皮肉なことに70年代の後半から、歴史の現実は旧ソ連・東欧の体制の経済的行き詰まりを露呈します。経済成長率の停滞、生産性の低下や資源配分の不均衡、さらに旧ソ連・東欧圏の内部矛盾の拡大など、ソ連型国家社会主義の体制的危機の深化が進みます。そして、80年代のゴルバチョフのペレストロイカを迎えた。にも拘らず1986年、「共産主義とは、労兵ソヴィエトと全国の電化である」(レーニン)のスローガンを象徴した世界最大規模の「V ・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所」が事故で大爆発、その5年後の91年、世界史上初めての社会主義と期待されたソ連体制は、まことに呆気なく崩壊を迎えたのです。
 ソ連型国家社会主義が崩壊し、すでに20年以上が経過し、旧ソ連復活の可能性は感じられません。また、プロレタリア独裁による共産党一党支配の改革を迫られている中国の「改革開放」の現実からも、マルクス・レーニン主義の復権は期待できないでしょう。むしろ中国には、これから新たな大胆な改革が起る可能性も大きい。こうした状況からすれば、むしろソ連崩壊とマルクス・レーニン主義の破綻の現実に立って、改めて宇野によるレーニン『帝国主義論』の方法に対する批判を深める必要があるでしょう。それはまた、スターリン批判と共に、レーニンの方法に対してもまた、初期マルクス・エンゲルスの唯物史観を前提し、その枠組みで唯物史観にもとづく法則展開をはかる方法からの完全な解脱を迫ることでしょう。そのことは、宇野・三段階論にもとづく「『資本論』と社会主義」の深化と具体化に他なりません。 
[PR]
by morristokenji | 2014-05-06 10:31