森のミュージアムの最新情報<研究ノート>を分離


by morristokenji

剰余価値の生産

 モリスは、資本の価値増殖=剰余価値の生産を明らかにするため、資本主義的生産方法に入る。第18章のタイトルは「剰余価値の生産、すなわち地代、利子、利潤」である。剰余価値の分配の形態が地代、利子、利潤であるから、その根拠を「剰余価値の生産」として明らかにしようとしたのだ。そして、まず前章の「貨幣の資本への転化」を受けながら、リカードもいう「貨幣の形態では、資本は利潤を生まない」、貨幣はたんに保有・蓄蔵されるだけだからだが、その上で『資本論』の次の箇所を引用する。
 「商品の消費から価値を引き出すには、わが金持ちは市場の中で、つまり流通面の中で、発見しなければならない。その使用価値が価値の源泉となる特殊性を持つ商品、それゆえその現実の消費が、それ自身労働の体化であり、結果として価値の創造である商品を発見する幸運に恵まれねばならない。貨幣の所有者は、市場でそのような特殊な商品、労働のための能力、あるいは労働力商品を発見するのだ。」
 労働力商品の特殊性に他ならない。このマルクスの指摘は、たんに労働力の使用価値、つまり労働が価値を形成する点だけを述べているかに見えるが、そうではない。労働力が商品化され、「商品による商品の生産」なるがゆえに、そして独立した価値の運動体である資本M-C-Mの運動の内部に包摂され、その労働が商品を生産し、価値を生産しつつ増殖することが、ここでは含蓄されている。しかも労働力は、単なる物ではない。人間の能力である。モリスは、こう述べて労働力商品の特殊性を強調する。
 「労働力あるいは労働のための能力によって、マルクスは人間存在の精神的・肉体的な能力のすべてと理解している。それは、商品生産においての行動によりもたらされるものであり、簡単に言えば富を生産するマシンとして彼に備わっている総てであり、人間なのだ」と。
 モリスは労働力の商品化の特殊性を、人間存在と関わらしめ、労働の疎外を前提とした「人間疎外」として把握する視点を鋭く提起している。そうした労働力商品化のための歴史的前提として、さらにモリスは「二重の意味で自由な労働力」、つまり①身分的な自由と、②生産手段からの自由について述べ、さらに生産と消費の社会的分離にも触れている。
 その上で、労働力の再生産に必要な労働による労働力商品の価値規定、つまり労働者が生活のために資本から買い戻す生活資料の量による価値規定をあたえる。しかし、この価値規定も、労働市場においての労使の取引関係を通じて決定される。しかし、生産手段を所有し、労働者を支配下に置いた資本は、「労働者の労働力の使用を1日中買っている。労働者は、その日労働を続ければ、労働力の再生産に必要なものを確保するのに十分であり、生きていくことが出来る。しかし、人間としての機械は、総ての点で必要とされる以上のものを、その日に生産可能なのだ」と。
 つまり、必要労働を超える剰余労働の存在可能性であり、ここから剰余労働に基づく剰余価値が必然化する。「労働力を商品として買うものは、どんな商品の購入者もそうしているように、彼自身の利益になるようにそれを消費するのだ。」だからモリスは結論する。「この産業では、労働市場での労働力の購入と、その再生産に必要なものを超えて実現されるあらゆる成果で、資本家も生きているし、同じように労働者も商品を生産しているのだ。」
 共著『社会主義』の叙述もまた、この部分はほとんど変わっていない。いずれにせよモリスは、労働力商品の特殊性について、労働力が人間の生きた能力であり、それが商品として疎外された点から、剰余価値の生産を説いているのだ。この説明も、むろん『資本論』の叙述に基づいているのであるが、労働力商品の特殊性が労働疎外、さらに人間疎外に結び付けられている点が特徴的だろう。
[PR]
# by morristokenji | 2008-10-03 14:35

貨幣の資本への転化

 モリスは『資本論』を引用し、「商品の流通が資本の出発点である」ことを確認し、次のように述べる。「この流通の出現は貨幣であり、それは資本が現れる最初の形態である。歴史的にも、貨幣は土地に対抗するように現れてきた。商人は地主に対立したのであり、ひところ多くの人々に訴えられたアンチテーゼは、<領主のいない土地は無い>が<貨幣は主人を持たない>と言う2つの例えに示されている。事実、中世の所有の基礎、それは封建的身分制として知られているが、それと対比されて近代の搾取者の立場を示す商業の基礎に他ならない。」
 資本を流通形態として再確認し、商品流通の市場経済に対して、共同体経済を基礎とする土地の領有に基づく封建的身分制を対置している。土地の領有と貨幣の流通の対立に他ならない。この貨幣の流通としての商業機能を基礎に、如何に資本主義の制度が誕生するのか?貨幣の資本への転化の課題に他ならない。
 貨幣を出発点とする流通形態としての資本の商業機能も、それが資本である以上、個別的には価値増殖が可能である。市場経済は「絶えざる不均衡の均衡化」の経済であり、不断の価格差を内包する格差社会だ。だから時間的、かつ空間的価格差を利用し、安く買い高く売る商業的機能の価値増殖が十分可能なのだ。それを前提にした金融的機能も発展し、古代・中世的世界の市場経済では、流通形態としての資本の前近代的発展があった。
 こうした市場経済の発展こそ、中世の土地の領有制に基づく共同体経済を破壊したのだ。しかし、この前近代的な資本の商業的・金融的機能の発展は、社会的な限界がある。マルクスもそうだし、モリスも同じだが、この社会的限界の理論的詰めが不十分だが、個別的な資本の価値増殖の限界について、モリスは以下のように述べる。
 「単なる交換からは増殖するはずは無い。なぜなら、資本家階級全体が、資本家全体よりも良くなることによって収支を償う事は、それは出来ないからだ。資本家的過程における貨幣の増加は、労働者あるいは生産者階級から生み出されるほか無いのだ。
 この資本を形成する<運用法>が、今や説明されねばならない。資本の生産には、労働者階級が必要である。そして、労働者階級の存在は、資本の目的に合致した特殊な条件であり、それは市場における資本化の自由な競争に従属させられているのだ。」つまり、労働力の商品化であり、資本家は「ビジネスはビジネス」の言葉どうり、「自由な労働力商品」の所有者との市場取引に入るのだ。
 労働力商品の取引も、自由な市場の取引である。「そこでは資本家の競争が激しければ高い価格で、それで無ければ低い価格でと言うように、変動する価格で売ることが妨げられない。それは労働力以外の他の商品が売らざるをえないのと同じように、労働力も<自由な労働力>なのである。」ここでモリスは、賃金の市場変動の現実を冷静に描いている。
 このような資本家と労働者の市場取引、いわゆる労使関係も、決して自然的な関係ではない。「歴史的に形成された産物であり「多くの経済的な革命から発展し、社会的生産の先行的形態を乗り越えて成功したのだ。」特に商業時代が十分に発展し、資本が「生産のすべての所有者であり、かつ組織者である」ためには、「機械の付属物」であり、その体制に従順な労働者階級を支配下に収めなければならなかったのだ。
[PR]
# by morristokenji | 2008-09-26 17:11

貨幣の機能と資本

 モリスは、『資本論』の貨幣の必然性を解明した価値形態論に立ち入ることなく、商品の価値である全面的交換可能性を表現する「一般的価値形態」、そして「貨幣形態」を重視する。価値形態は重要だが、マルクスがヘーゲル弁証法のロジックに拘り過ぎて、却って難解になってしまった価値形態論への深入りを、モリスたちは意識的に避けたのであろうか?ともかく、いきなり貨幣形態を説明し、その上で『資本論』もそうだが、章を改めて貨幣の機能を解説している。
 モリスは、抽象的人間労働による価値規定を前提にして、貨幣による価値尺度の機能を説明する。ここでも、貨幣による購買による価値の実現が強調されているが、さらにここ第16章においては、貨幣の諸機能を順次説明する。
 まず価値尺度については、金が貨幣形態として、尺度機能を持つ点が強調されるが、同時に労働証券など、紙券によっても代位される点にも触れている。その上で、物々交換との対比において、商品の流通形式C-M-Cの定式を提示し、そこでも歴史的に貨幣の蓄蔵から、資本の原初形態を担っている点が、特に強調される。つまり、商品の価値形態は、一般的等価物としての貨幣形態、貨幣の機能は金の価値尺度機能、さらの商品流通の形式も,貨幣蓄蔵から資本の原初形態を摘出する前提が強調されている。要するに貨幣の機能が、資本に強く引きつけられた説明なのだ。
 さらにモリスは、『資本論』に沿いながら、商品流通C-M-Cと資本流通M-C-Mを対置して、資本の説明を試みている。要するに、商品、貨幣、資本と説明しているが、商品の労働による価値規定にも拘わらず、私的所有の前提になるような単純な小商品生産者は一切出てこない。従って、単純商品生産者による、いわゆる単純商品流通として、C-M-C形式を説くのではない。C-M-Cは、単に資本流通M-C-M形式との対比の形式に過ぎない。要するにモリスは、私的所有ー私的単純商品生産ー単純商品流通といった、いわゆる唯物史観の枠組みからの商品・貨幣論から完全に脱皮しているわけだ。
 事実、もともと共同体と共同体の間に発生、発展した商品経済=市場経済では、当初から商品流通は貨幣流通だったし、貨幣があれば資本の流通M-C-Mも、必然不可欠なのだ。だから古代の地中海貿易でも、資本は貨幣と共に、貿易や金融の分野で大きく発展し、都市国家の繁栄をもたらした。資本は、生産手段ではなく、まずは貨幣だし、流通形態だった。唯物史観のイデオロギーから自由だったモリスは、商品を貨幣形態において、貨幣を資本の原初形態として、それゆえに資本を何よりもまず流通形態M-C-Mの一般形式として把握したのだ。
例えばモリスは、史実による裏づけとして、「古代にも一般的な貨幣の蓄蔵の習慣があり、また野蛮人の間でも、交換の形式C-M-Cに必然的に随伴して、資本の芽生えがある」と述べ、家畜が貨幣だった史実を注記している。ここで、すでに貨幣が個人的に社会的権力をもつ。「それゆえ、この原始的社会の倫理では、金銭がありとあらゆる悪魔の具現化とみなされた。」つまり、「貨幣の前期的商業段階であって、---消費をしない商品所有者は、それを貨幣と交換する。」M-C-Mの形式であって、この形式では「交換の目的が量であり、質ではない」点を強調している。
 このM-C-M形式は、「商業活動としては、発展した古典的世界の実践だった。ローマ帝国が崩壊して、続く混乱がこの商業を転換させ、交換を広範に初期のもの、つまり消費される他の商品を買うために貨幣を商品と交換する形式に変えたのである。この形式は、中世の交換の大部分の形式だった。」モリスは、この形式をC-M-C-M-Cとして、C-M-CからM-C-Mへの転換の中間形式として、古代から中世の「出荷を中心とする商人」の活動事例を挙げている。地中海貿易と「封建制度の荘園や共同体、ギルドのある商業都市との原始的な交換とが並んで行われたのだ。」
 古代から中世への商業の過渡的、かつ中間的形式に対し、「近代の商業者は、商業取引を必ず貨幣で始める。例えばインディゴの場合は、現物を見ることなく売買して、自分が支払った額より多くの貨幣を受け取る。」古代の貿易商人と異なり、この過程が堅実に行われ、帳簿上の処理になれば、「商人としての彼の存在はすべてが貨幣である。」ここに「資本家的交換の純粋な形式の例があり、」「その形式はマルクスが与えたがM-CーMである。」
 このようにモリスは、中世の荘園、共同体、ギルドなど、商業活動の史実を挙げながら、その歴史的転換から、C-M-CのM-C-Mへの転化を説いている。ただ、単行本にした『社会主義』では、簡略化のためであろう、史実による裏づけがカットされている。単純な商品流通に資本の流通形式M-C-Mが対置され、Mに加算されるmの増分である剰余の根拠を問うことになる。
[PR]
# by morristokenji | 2008-08-20 15:38

商品と貨幣

 モリスは第15章「科学的社会主義―カール・マルクス」では、すでに解説したようにマルクスについて、簡単な履歴とエンゲルスとの出会い、それに『資本論』までの主要な著作を挙げていた。とくに『資本論』の基礎になったものとして、『経済学批判』をあげているのだが、この『批判』には立ち入ることなく、いきなり第一篇「商品と貨幣」の解説に入っている。つまり、『批判』が『資本論』に基礎になったと言いながら、両者の関連には一切何も触れることなしに、「商品と貨幣」を説明するのである。
 しかし、『批判』と『資本論』を比較した時、『批判』には冒頭に有名な「序言」が付いていて、そこではマルクスが自らの経済学の研究の跡を振り返りつつ、唯物史観の定式化を試みていた。つまり、イデオロギー的仮説だった唯物史観を前提し、その枠組みの内部に『批判』を位置づけ、そこで経済学の理論を展開する方法を提示していたのだった。
 さらに唯物史観の枠組みの前提から、「ブルジョア経済の体制」の解明のプラン、いわゆる「経済学批判体系プラン」の一つをを提示していた。すなわち「資本、土地所有、賃労働、国家、外国貿易、世界市場」の6部門編成に他ならない。だから『批判』は、序言の唯物史観の公式を前提に置き、その上で「第1部 資本について 第1篇資本一般 第一章商品」という編別構成のもとで、商品から貨幣が説かれることになったわけだ。
 『資本論』にも無論「序文」がある。そこでは唯物史観ではなく、純粋資本主義の抽象の意義が力説され、さらに第2版には「後書」もつけられた。『資本論』には、『批判』の唯物史観の枠組みが消滅し、6部門の編別構成もなくなっている。そして、「第1部 資本の生産過程 第1篇 商品と貨幣」として、商品から貨幣が説かれているのである。モリスは『批判』が『資本論』の基礎だと言っただけで、むしろ『資本論』の商品、貨幣の説明に入っている点が、まず注目されるべきだろう。
  『資本論』でマルクスは、冒頭の商品論において、2つの商品の交換における等置から、商品を生産するのに必要な抽象的人間労働による価値規定を行っている。有名な労働価値説の論証だが、この論証には早くから批判が集中していた。価値論論争である。ここでは論争に立ち入らないが、モリスもこの価値論の論証の理解に苦しんだようだが、彼は価値規定については、ごく簡単に次のように説明する。
 「若い学生諸君は、マルクスが自ら価値という言葉を、次のような意味で使っている点に注意すべきだ。簡単にいえば、対象化された平均的な人間労働量である。使用価値というのは文字どうりであり、交換価値は、交換される他のあらゆる商品との商品の価値関係である。」
 つまり、2商品の交換による等置や労働価値説の論証のようなものは省略され、ましてや単純な商品生産者による私的所有の基礎付けなど、一切考慮されていない。唯物史観の基礎付けとは無縁な価値規定である。むしろ、交換価値を交換されるすべての商品との価値関係を重視し、価値形態としては貨幣形態の完成形態をいきなり提起したのだ。
 『資本論』からの引用も、「直接的かつ全般的交換可能性、言い換えると一般的なな等価形態であって、それは現在の社会的慣習は、生身の金で具体化される。」抽象的人間労働による価値規定を前提しながら、「全般的交換可能性」としての価値を表現する貨幣形態を価値形態としているのだ。だから、第2章「交換過程」も、交換における価値の積極性を強調している。
[PR]
# by morristokenji | 2008-08-16 21:22